top of page

創部40周年記念事業のご案内

現在の支援総額:¥585,000

支援者数:13人

​(最終更新2024.02.21

創部40周年記念事業ご支援のお願い

​ 平素より格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。 2023年を持ちまして千葉大学医学部ヨット部は創部40周年を迎えました。創部から40年の間、震災やコロナ禍、台風被害など多くの存続危機に瀕しながらも、毎年新入部員を迎え安全に練習をできているのはひとえにOBの先生方のご指導・ご協力の賜物であると存じます。改めまして日々のご支援に対し、深く感謝申し上げます。 今後も先輩方が積み上げてきた伝統を崩すことなく更なる飛躍を遂げるため、日々、練習に邁進してまいります。

 この度幣部では、今後の活動拡大と練習効率向上のため、創立40周年記念事業と致しまして、練習用のコーチボー トを下記の通り修理することを計画しております。練習の質を上げ、より高いレベルを目指すには、安全確保とコーチング の質の向上が急務であり、コーチボートの修理はそのために必要不可欠なものです。何卒、ご理解いただき、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

​部活動の現状について

【現在の活動内容】

 現在千葉大学医学部ヨット部には32名が所属しており、3月から8月中旬、10月から12月中旬の毎週土日祝日を活動日と定め、期間中は義務練として朝8時~17時までの海上での練習と動画を用いたミーティングを行い、上記以外の時期には有志による自主練を行っています。

【コーチボートの現状】 海上の練習中はコーチボートも出艇し、上級生によるコーチングや緊急時のレスキューに活用されています。前述の通り、 コーチボートは効率の良い練習の実施と海上での安全確保のために必要不可欠なものですが、ここ1,2年の間、エンジン停止や船体異常などによる運営面でのトラブルが多々あり、部内で大きな問題となっています。トラブルの度に練習を止め、修理業者を呼んで対応してまいりましたが、業者からも、  ①コンピュータ診断でエンジンに100か所以上の破損が見つかっていること  ②船体に亀裂がありエアー漏れが著しいこと  ③電気系統の異常が頻発し、いつエンジンが点火しなくなっても不思議ではないこと 等の理由により、一刻も早い買い替えを勧められている現状です。 ー最近起きた主要なトラブルー ・2022年関東470本選でのエンジン停止  強風下で沈艇が続出するハザード状態の中、エンジンが停止し、けがで動けない部員や帆走不能な沈艇を放置したまま レース海域から離脱せざるを得ない状況に陥りました。最終的には、帆走不能な艇は、大会運営艇によってレスキューさ れましたが、他大学や運営委員会に多大なるご迷惑をおかけする結果となりました。 ・2022年東医体本選でのエンジン停止  東医体にて運営艇(Jury艇)として出艇予定でしたが、エンジントラブルにより出艇が出来ず、結果として、Jury艇が一艇 減った状態でレースが行われました。 ・2022年とちぎ国体でのエンジン停止  稲毛ヨットハーバーで開催された国体に、運営艇として貸し出していましたが、エンジントラブルにより出艇できず、大会運営に支障をきたす事態となってしまいました。(大会期間中に緊急で修理が行われましたが、その後も不調が続きました。) ・練習中のエンジン停止(多発) 練習中に、エンジンが停止し、再始動が出来ず、漂流してしまうことがありました。近くにいた他校のコーチボートに助けを求 め、引っ張ってもらい無事帰港することは出来ましたが、その他校にご迷惑をおかけしてしまい、またその日の練習は十分 に行うことが出来ませんでした。  ※上記は練習中断にとどまらず、他大学や大会運営にご迷惑をおかけしてしまった主な事例です。

修理箇所の詳細

現在計画しているテンダー関連の修理予定箇所は下記の五か所となっております。

     ①船体のエアー漏れ修理

     ②エンジンの買い替え

     ③電気系統の買い替え

     ④船台のハンドルの買い替え

     ⑤シート修理

①エンジンの買い替え:1,430,000円

原因:メンテナンス不良、経年劣化

対応策:部員の管理体制強化

    修理業者の固定と定期点検の実施

    メーカーをSUZUKIからYAMAHAに乗り換える

②船体のエアー漏れ修理:最大920,000円

原因:オーニングの老朽化による急速な劣化、経年劣化

対応策:エアー漏れ部分の修理、オーニングの新調

③電気系統の買い替え:40,000円

原因:ポンプ故障による浸水、コード被膜の経年劣化

対応策:ビルジポンプ及び一部コードの交換

④船台のハンドルの買い替え:13,400円

​⑤シート修理:10,000円

船体エアー漏れ.jpg
2024-01-07_edited.jpg

部活の会計状況

B05C5EED-AAE4-4DAF-A4EB-4CF4FFA9AEF2.jpg

本記念事業を行うにあたりまして、現在の会計状況を報告致します。 【現在の資産状況】       現在の口座残高:280万円       今年度の収支(概算):50万円黒字 【2024年度の支出予定】       例年通りの収支:50万円黒字(部バイトによる)   470ヨット新艇購入:320万円・・・※   テンダー周りの修理:250万円 ※・・・現在、ヨットの規格変更により,古い艇のセール・部品の調達が困難となりつつあるため,計画的 に新艇を購入し,艇の世代交代を行うことが必須となっています。(4~5年に1度のペースで新艇を購 入しています。) 以上のことからテンダー修理のためには最低でも、 修理資金(250万円)ー(口座残高(280万円)+今年度の部バイト(50万円)ーヨット新艇購入費(320万円))=240万円 の追加資金が必要となります。

​リターンのご案内

■個人向けリターン

 20,000円~:2023年度東医体記念千葉医ヨット部オリジナルポロシャツ(S・M・L・LL)

50,000円~:2023年度東医体記念千葉医ヨット部オリジナルポロシャツ・スクラブセット(S・ M・L・LL)

 

■法人向けリターン

30,000円~:部報(年1回発行)への広告掲載(小)

50,000円~:部報(年1回発行)への広告掲載(中)

100,000円~:部報(年1回発行)への広告掲載(大)

200,000円~:部報(年1回発行)への広告掲載(特大)

1,000,000円~:新規購入艇又はテンダーへ貴院の名前を入れさせていただきます。

20231021_081332.jpg
23836.jpg

ご寄付の方法

ご寄付の送金方法は以下の通りです。ご送金いただいた際は、お手数ですが必ず下記のGoogle Formまたは紙面の寄付申込書にてご寄付いただい た旨をお知らせいただきますようお願い申し上げます。 なお、下記以外の送金方法をご希望の場合や継続寄付をご希望の場合(例:毎月1万円ずつの寄付) は、別途(chibamedyachtkaikei@gmail.com)までご連絡ください。

寄付申込フォーム→https://forms.gle/mY4VvsBxYpYRS7e28

【送金先】

1.銀行振り込み

→ ゆうちょ銀行 若葉支店 普通貯金 001008774040 受け取り名義人 千葉大学医学部ヨット部 までお願い致します。

2.カード決済、コンビニ決済、 PayPal→5000円からとなっております。下記水色のフォームからご寄付頂けます。

また多額のご寄付の場合は千葉大学基金を通して体育会ヨット部にご寄付頂けますと、寄付金額から2000円差し引いた額を寄附金控除額とした税制優遇がございますのでご検討頂ければと思います。

 ・千葉大学基金→https://kikin.chiba-u.ac.jp/

(「寄付する」のボタンからフォーム内の「体育会ヨット部」をご選択ください。)

ご支援をお願いします
単発寄付をする
¥

特定商取引法に基づく表記

販売事業者:千葉大学医学部ヨット部

運営統括責任者:佐野優衣

所在地:〒260-0856 千葉県千葉市中央区亥鼻1-8-1

寄付金以外の料金の説明:該当なし

引渡し時期:ご注文確認後、即時、受領確認メールを送信させていただきます。

お支払い方法:クレジットカード決済、コンビニ決済

お支払い時期:寄付申し込み時点で決済

返品:募金のため該当なし

サービス名:千葉大学医学部ヨット部創立40周年記念事業募金

メールアドレス:chibamedyacht2017syumu@gmail.com

電話番号:お電話でのお問合せをご希望の場合は、恐れ入りますが上記のメールアドレスまで番号開示の請求をお送りいただきますようお願いいたします。

bottom of page